2017年1月29日

化粧水の使い方、つけるタイミング

化粧水をつけたからといって安心してると、お肌はカッサカサになることがあります。

化粧水も肌の毛穴から蒸発する水分と一緒に蒸発するからです。
つけた後すぐに乳液やオイルなどをつけないと乾燥肌がなかなか治らなくなります。化粧水は、洗顔後すぐにつけるほうが良いそうです。

洗顔した後、顔の水滴が蒸発するときに、毛穴から水分が一緒に蒸発しますから、顔の水滴が毛穴に染み込んで保湿になると思ってる女性が多いのですが、実は逆効果でした。

洗顔後は素早くタオルで優しく水滴を拭きとり、すぐに化粧水をつけましょう。
つけた後で乳液やオイルでカバーして化粧水を蒸発しないようにすることで、中に含んでる美容成分がジワリジワリと吸収されていくのです。

できれば、乳液やオイルまでの流れは全身に行いたいものです。体、足などもです。特に踵ですね。せっかくの美容成分が毛穴に染み込まないまま蒸発してしまってはもったいないです。高価な商品をたくさん使っても、使い方が悪いと意味がありませんね。朝も夜も肌ケアには時間をかけてきちんとするようにすれば、安い商品でも大丈夫なのです。肌の水分は猛暑でも蒸発してます。

肌が汗でジットリしていると、保湿がちゃんとされてるように感じますが、いえいえ汗をかいているだけなのです。

汗は蒸発しますよね。

汗と一緒に毛穴から水分が蒸発してますから、夏もしっかりと化粧品をつけて肌ケアをしましょう。汗をかく日こそケアをすることで保湿と美容効果が大きくわかります。化粧水の効果は使ってみないとわからないことも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です