2017年3月1日

日焼けを治す化粧水、有効成分を含む植物の比較

日焼けは太陽光と紫外線が原因で発生する、皮膚の炎症が目立つ火傷の一種です。

皮が剥ける状態だと、肌には良くないですから、そこまでに至る前に、あらかじめ予防しておく必要性があります。
もしも日焼けしてしまった場合、直ぐに皮膚をクールダウンさせるべきです。炎症している時には冷やす事で症状が軽減されます。十分に冷やした後は抗炎症作用のある化粧水を使えば、改善される可能性が高くなりますから、冷やして使う事が好ましいです。

炎症を鎮める有効成分を含む植物はアロエです。比較的に穏やかに働きかけます。

刺激は少なめで持続力があります。ニキビや吹き出物、湿疹にも効きますが、
日焼けにも有効です。化粧水に配合している、アロエエキスは高濃度である方が良く効きますが、刺激は増しますから、皮膚の状態に合わせて使う事も必要です。

甘草エキスには有効成分のグリチルリチン酸が含まれていますが、その成分は他の物と比較すると、圧倒的に炎症を鎮める力が強いです。
日焼けした肌をケアする為に使う事は適しています。
また、甘草には糖質もたくさん含みますから、保湿効果も抜群になります。アロエと比較すると、即効性があり、肌の水分量を上げる作用も強めです。
化粧水に配合している場合、黄緑色をしているならば、甘草は多く配合している証明になります。

成分記載表を確認して、着色料を配合していないか確認すると分かりやすいです。お茶に含まれているカテキンにも抗炎症作用があります。目的に応じて使うと、悩みを解決しやすくなります。
様々な効果のある化粧水を比較して選んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です