2018年4月30日

化粧水による乾燥肌のスキンケア

化粧水で乾燥肌をケアできる理由は、含有されている保湿成分が肌の奥まで浸透して潤いをキープできるためです。

含有されている主な保湿成分にはセラミドやエラスチン、ヒアルロン酸などがあり、いずれも優れた保湿性があります。化粧水を乾燥肌に塗ると保湿成分が浸透し、肌の乾燥を防げます。化粧水で乾燥肌をケアするには、セラミドなどの保湿成分をしっかりと浸透させることがポイントになります。保湿成分が肌の奥深くまで浸透しないと無意味になりますので、毛穴の汚れを洗顔で洗い落としてから顔全体に塗るようにします。

事前に毛穴に詰まっている皮脂や汚れを洗い流しておくことで、保湿成分が浸透しやすくなります。化粧水で乾燥肌をケアをするタイミングは、洗顔後と入浴後です。特に入浴後は肌が乾燥しやすくなるため、お風呂から上がったらなるべく早く塗ることがポイントです。乾燥した肌にコットンを使って塗ると摩擦で肌が傷みますので、コットンを使わずに手で塗るようにしましょう。

化粧水による乾燥肌のケアの仕方は年齢によって違いがあるため、自分の年齢に合った商品を選ぶことが大切です。20代の方は皮脂の分泌量が多いので、大人ニキビのケアも同時にできる商品を選ぶようにします。30代の方は徐々に肌の老化が進行するため、エイジングケアも考慮して商品を選びましょう。40代や50代になると肌の老化が目立つようになりますので、プラセンタを配合している商品を選ぶのがコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です